しあわせコーヒー研究所

しあわせコーヒー研究所

おかげさまで

このところ

これまでにない回数の講座や

イベントに

お声かけをいただいています。

みなさまとまちのあちこちで

ピースコーヒーと共に

お目にかかれると思うとわくわくします。

今後ともよろしくお願いします。

ムーブフェスタ2016 市民企画事業 その1
ドキュメンタリー映画「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償~について」
日時  7月17日(日) ①10:30-上映 12:00-ワークショップ ②13:30-上映

会場  北九州市立男女共同参画センター ムーブ5F大セミナールーム
参加費 前売・予約1000円(当日1200円)学生500円 高校生以下無料
※フェアトレードコーヒー付き
主催:地球のステージ チーム九州  協力:旅するシネマ&カフェ
問合せ/申し込み Email: sunserl0303@gmail.com
                           ℡  080-3994-5081  fax    093-692-8937
数年前にバングラディシュで起こった縫製工場の崩落事故をご記憶でしょうか?
私たちの暮らしを彩る様々な商品は、すべて自身の選択によるものです。
この作品を通して持続可能な未来へつながる「選択」についてご一緒に考えてみませんか?

ムーブフェスタ市民企画事業その2

7月10日(日)10:30~16:00

ムーブ一階交流広場  熊本応援ミニマルシェ

「お買物は世界をカエル」に出店します。

アジア初のフェアトレードシティ熊本と被災地を応援する

仲間たちが集まって、フェアトレードやハンドメイド、

世界のおいしいもの、楽しいもの、ちょこっとマッサージetc.で心も体もリフレッシュ!!なミニマルシェです。

7月10日は参議院選挙投票日です。

しあわせコーヒー研究所は「投票しました!」の方には

フェアトレードコーヒースモールサイズを一杯プレゼントにご用意しています。お気軽にお越しください。

入場無料

主催:ナマケモノ倶楽部九州支部/ 共催:kamaji cafe となかまたち

 

6月19日(日)

門司港で旧文化服装学院で

ドキュメンタリー映画

カンタティモールの上映会を開催しました。

旅するシネマ&カフェ。

本当は4月の企画の予定が、

熊本と大分を直撃した直下型大震災の

発災に伴い日程の変更をしました。

 

ご参加を予定してくださった

みなさまにお待ちいただいての上映となりましたところ、

多くの方に「出逢えてよかった!」と

言っていただきました。

これからも門司港での上映を楽しみにしていただけそうです。

ありがとうございました。

独立から14年。

5月21日(土)東ティモールにゆかりの方たちが

一堂に会するイベント(@上智大学)に参加しました。

ピースウインズジャパン、パルシック、グリーンコープ、シェア、そのほか大勢の方たちの活動と出逢えた素晴らしい一日でした。

東ティモールを代表する著名な歌手であり、現在は東ティモールでパーマカルチャーを実践されている
エゴレモスさん。

5月15日(日)

セヴァン・スズキ Be the Change

北九州講演会@子どもの館

 

セヴァンは12歳の時と少しも変わらず、

自分のために、わが子のために、それは言うまでもなく未来のために一人一人が変わろう!!と語り続けています。確かに社会は24年前と変わらないところもあります。が、科学技術の進歩は私たち一人一人が世界中で繋がることが可能な社会ともなりました。わたしたちは孤独ではありません。一人一人は微力ですが、決して無力ではない。改めて実感しました。24年前のリオサミットの時のセヴァンのスピーチを朗読してくれた少女たちはセヴァンのメッセージを受け止めてくれました。中の一人の少女はセヴァンのようにメッセージを発信できるようになりたいと話してくれました。みなさまの応援とご参加に感謝で一杯です。

5月7日・8日はケニアな2日間。

長年ともに国際理解活動をご一緒させていただいている下関のマゴソスクールを支える会の大城さんや、福岡のBelleさん達が応援している、北九州出身のマサイの花嫁永松真紀さん、ケニアのナイロビのキベラスラムの親や家族のいない子ども達のマゴソスクールの活動を知らせて、つながれる機会に年に2回、日本全国の講演活動に参加しています。今回はBelleさんが自身の企画(ニラさんのインドチャリティライブ)と重なったので、地球交遊クラブが代わりに応援に行きました。こうして、草の根の活動はつながり、広がるのです。

5月の連休に熊本に行きました。

熊本大分地震から半月経ちました。

ご縁のある熊本フェアトレード推進会議の明石さんの

ご様子が気になりお邪魔しました。

五月初めではまだまだお困りのこともあろうとは思いましたが、思いつくことで出来そうなことはインスタントスープをお届けすることくらい。キャリーケースに詰め込んで新幹線で移動。

写真は、明石さんのご自宅兼店舗ラブランドエンジェルの前です。北海道から二日がかりで届けてこられたご友人のキャンピングカー(定員4人)をボランティアセンターと名付けられて作業を進めておられた様子です。

熊本城はもちろんのこと、市内のそこここに地震の爪痕、被災のがれきがまとめておかれている様子も、ブルーシートのかかっている建物も目に入ります。比較的落ち着いていると感じられる市内でも短い滞在中に何度も余震を体感し、一日も早い平安を願うばかりです。

 

 

 左の写真は5月14日福岡会場の

セヴァンと亀山のの子さん、中村隆市さん

 

1992年の地球サミットで12歳で世界を驚かせた「伝説のスピーチ」で知られるセヴァン・スズキさんが5月に来日して、放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表の中村隆市と講演ツアーを行ないます。

 

5月8日(日) 東京 13:00~16:00 東京(品川)明治学院大学白金キャンパス

5月10日(火)京都 18:30~21:10 キャンパスプラザ京都

5月11日(水)岡山 18:00~20:30 岡山国際交流センター 2階国際会議場

5月14日(土)福岡 13:30~16:45 パピヨン24ガスホール

5月15日(日)北九州 11:00~12:15  13:00~16:00 黒崎駅前 子どもホール

 

今から24年前(1992年)ブラジルのリオで開催された地球サミットで、
12歳のセヴァンが世界を驚かせる素晴しいスピーチを行いました。

その一部を抜粋します。

 

「オゾン層にあいた穴をどうやってふさぐのか、あなたは知らないでしょう。
死んだ川にどうやってサケを呼びもどすのか、あなたは知らないでしょう。
絶滅した動物をどうやって生きかえらせるのか、あなたは知らないでしょう。
どうやって直すのかわからないものを、こわし続けるのはやめてください。

 

ここにいる私たちみんなが同じ大きな家族の一員であることを知っています。
そうです50億以上の人間からなる大家族。
いいえ、実は3000万種類の生物からなる大家族です。

 

私の国でのむだ使いはたいへんなものです。

買っては捨て、また買っては捨てています。

それでも物を浪費しつづける北の国々は、南の国々と富を
分かちあおうとはしません。

 

2日前ここブラジルで、家のないストリートチルドレンと出会い、

私たちはショックを受けました。

ひとりの子どもが私たちにこう言いました。
『ぼくが金持ちだったらなぁ。もしそうなら、家のない子すべてに、

食べ物と、着る物と、薬と、住む場所と、やさしさと愛情をあげるのに』

家もなにもないひとりの子どもが分かちあうことを考えているというのに、
すべてを持っている私たちがこんなに欲が深いのは、どうしてなんでしょう。

 

もし戦争のために使われているお金をぜんぶ、貧しさと環境問題を
解決するために使えば、この地球はすばらしい星になるでしょう。

 

あなたがた大人は私たちに、世のなかでどうふるまうかを教えてくれます。
争いをしないこと。話しあいで解決すること。他人を尊重すること。
ちらかしたら自分でかたづけること。ほかの生き物をむやみに傷つけないこと。
分かちあうこと。欲ばらないこと。
ならばなぜ、あなたがたは、私たちにするなということをしているんですか。
お聞きしますが、私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか。」

 

全文 http://www.windfarm.co.jp/ecokaze/008/00803.html

動画 http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?movie=j_future_20101011_0650

 

このスピーチは後に、「伝説のスピーチ」と呼ばれるようになりました。
伝説の少女、セヴァンは今36歳になりました。

2児の母となって、ますます環境問題や社会問題に熱心に取り組んでいます。

 

ツアータイトルは、

「セヴァン・スズキのBe the Change! ツアー2016 ~ミライノセンタク~」
セヴァンが大好きなガンジーの言葉 

Be the change you want to see in the world.
「あなたが望む世界の変化に あなた自身がなるんです」

  …ひとり一人の行動が社会を変えていく

「ミライノセンタク」は、

今、歴史の岐路に立っている私たちの選択が、未来を決めていく
「わたしたちの選択が、未来の社会をつくっていく」ということを掲げています。

みなさん、ぜひ、ご参加下さい。

 

2016年五月に日本の各地で開催されました。

ここ北九州でも・・・

 

https://www.facebook.com/events/1543719119257485/permalink/1558735277755869/

2年ぶりのセヴァン・カリス・スズキさんの

ジャパンツアーのフィナーレ北九州講演会大盛況のうちに

終わりました。

この日の北九州は

ほかにも多くのイベントが企画されていて、

参加できずに残念のお声も多かったのですが、

それでも、セヴァンに会いたい人がこんなにもたくさん!!

素敵な講演会になりました。

 

地球交遊クラブと長いお付き合いの方、

しあわせコーヒー研究所を通して出会えた方、

旅するシネマ&カフェで出会った方

その他多士済々の皆様と

セヴァンのメッセージを共有できて

ほんとにいい一日になりました。

 

これもひとえにご理解ご協力くださいました

皆様のおかげです。

全ての会場で精力的に想いを語ってくれたセヴァンは

今夜のフライトでカナダへ帰国です。

 

またいつか会えることを楽しみに

私たちのBe the

 Change を進めていきましょう!!

 

以下は、

ご参加の皆様のアンケートから皆様のお声を

ご紹介します。

 

わたしのBe the Change!

 

・エネルギーを無駄に使っていないか見直すこと

 

・身近なことを少しずつシフトする。

 

 食べ物、衣服など身に着けるものを地球に、自分の身体に無害なものに変える

 

・あらためて家族を愛し、できることをみつけます。

 

・「私はできることをしているだけ」南アメリカの先住民に伝わるハチドリの話のように

 

 小さな力でもできることを、自分の仕事と思ってやります

 

 これから生まれてくる子、これから大人になるための仕事です

 

12食にして、1食分を貯金してフードバンクに寄付します!!

 

 勇気を持ちます!!

 

・学ぶこと、伝えること

 

I try to approach on environmental conservation privately and officially.

 

・セルフメディケーションを広めて、みんなが元気に過ごせるように

 

・福岡市を拠点に活動するペシャワール会(アフガンで水事業と医療・食料活動する32年目の団体。中村哲医師)の事務局スタッフのmarinoです。セヴァンの話を聞いて、自分の道を信じて、続けることの素晴らしさ、意味があるということを再確認できました。

 セヴァンちゃんが頑張りつづけて、立ち止まっていない姿を見て、私もやり続けようと思いました。

 

myはし、水筒持参、ゴミの分別、削減、リサイクル

 

・良いと思った事は、事の大小を問わず「やる」選択をする

 

・まず、汚染土壌の問題について多くの人に伝えていこうと思います

 

 ばらまかれたら日本中どこも住めるところがなくなってしまいます

 

・政治に期待できないから参加しないのではなく、

 自分のできることから一票を大切に活動していく

 

・もっとEcoなことをきちんとしていく

 

・自分が知ったことを伝えていく、やっていくというactionを起こす!!

 

I love coffee ,too .I usually make coffee, put it in “suito” and take it to work. At Starbucks, I always drink from a mug(not a paper one).I’ll try to bring a ”tumbler” when I want to take it outJ

 

・直前の(眼前の)問題が数多くあります。それに取り組むことも大切ですし、結果が見えやすいので行動にも参加しやすいと思います。このような考え方に共感して行動をしていたただく方々も増えてほしい

 

・私は“いのちの中にある地球”なくして人間のいのちは絶対に守られないことを気づいている人々が、幼い感性の豊かな子どもたちの教育を最優先にした教育制度、カリキュラムを変えて、他者の幸せのために働き、活動する大人の一人でありたい‼

 

・人工頭脳を作る社会ではなく、豊かな心、愛、寛容さを育てる‼

 

セヴァンへのメッセージ・感想など

 

・未来に向けて今自分ができることを考え、行動をすることが今求められていることをひしひしと感じた

 

 小さなことでも早く労働に移したいとお話を聞いて思った

 

・学生の頃、リオの会議について学びました。なかなか変わらない社会のしくみに悲しくなります

 

今こそ変わるときですね

 

・ありがとうございました

 

・あなたに会うことを選択して本当によかったです!希望をありがとうございます

 

 

 子どもをもっと自然の中へ連れ出して、

 あなたのように、自然は自分の一部だと思える人 間に育てたいと思いますJ

 

 子どもたちに「会いにいく時間をくれてありがとう」と感謝を伝えます

 

・数か月前、娘の中学英語の教科書でセヴァンさんのことを知りました

 

 今日は直接話しが聞けて良かったです

 

 通訳さんもすばらしかったです

 

 ありがとうございました

 

I’m glad to see you again!!

 

・お話を聞かせていただき、ありがとうございました

 

 自分の中のいろんな不安がきちんとまとまって、これから自分が何をすべきかを具体的に考えていくことができそうです!

 

・発展途上国で医療支援をしている者です。

 Climate change global warmingは私のエリアでも、

 干ばつや洪水、家畜の大量死など影響を与えています

 

 Be the Change…大切だと思いますが、先進国や発展途上国ではできることが大きく違うと思います。でも人口増加や大気汚染、紛争は発展途上国からです

 

貧しい国々の人々にこの環境問題をどのように伝えたらいいですか?

 

・行動する勇気をもらいました

 

 自分が持っている権利や能力に気づき、良い方向になるよう使っていきたいと

 思いました。

 

2年前セヴァンさんの講演を聞いた中学生が、

 原発のことについて北九州の大会でスピーチをしました

 

そのスピーチを3つの場所でする機会を得て、多くの人に伝えることができました

 

セヴァンさんの発言が広がっています

 

また日本にいらっしゃって、人に伝えて下さることを願っています

 

・セヴァンさんのお話を聞きたくて広島から来ました。

 

 私はマクロビオティックをしていて、小さな畑で野菜作りをしています

 

畑をはじめた時より多くの昆虫や野鳥が来るようになりました

 

セヴァンさんの話を聞いて、自分がやってきたことは間違えてなかったなと

感じました

 

次回は是非広島にもお越しください。今日はありがとうございました

 

・地元北九州までお越しくださってありがとうございます!!

 

 感動しました♡

 

 今日聞いたお話しを皆様に伝えたり、actionを起こしていきます

 

 本当に本当にありがとうございました。

 

 (日本へ、北九州にセヴァンを呼んでくださり、このような機会を与えて下さってありがとうございました‼)

 

Yes !It’s up to us!!Earth of us can start doing something small, and we can change the world!

 

  We can make it better!!

 

  Thank you for your powerful words!!       Aiko

 

・本やビデオを通してセヴァンさんは知っていましたが、

 本日直接お会いして、長い年月に培われた感性とミッションの豊かさを改めて

 実感しました。

 

デヴィッド博士と共に今後とも頑張ってください。

 

 いのちの中にある地球を文明の力では回復することはできません

 

 罪深き人間が多いですが、その人間が修理することはできないことを

 しないでほしいと語りつづけてください。

 

 はるばるカナダからきていただき、感謝です!

 

I am glad to meet you.

 

  It was one of my dream to meet you directly.

 

  I get a energy from you to try every activities of environment.

 

  Thank you for coming kitakyushu.

 

旅するシネマ&カフェ 門司港

   

旅するシネマ&カフェ

門司港でも企画していただきました。

東ティモールを応援していることで

つながりが増えてくるのは

本当にうれしいです。

(りとるママ)

 

※今回の熊本・大分地震の発災を受け

 上映会の延期を決定しました。

 楽しみにしてくださった皆様、

 後日改めてご案内させていただきます

 のでご了承ください。  

 

しあわせコーヒー研究所春のイベント 2

3月27日(日)10:00~

黒崎城山桜まつり

お花見シーズンの黒崎で

市民有志の実行委員会の皆様から

しあわせコーヒー研究所に出店の

お誘いをいただきました。

 

桜大好き、お祭り大好きと二つ返事で参加表明。

模擬店もたくさんあるようで、そちらも楽しめそうです。また、世界の音楽、舞踊と盛りだくさんのステージショーもあります。

地元黒崎の桜をご一緒に楽しみましょう!!(りとるママ)

 ※写真は東ティモールのピースコーヒーが運営しているカフェです。

ここにはノルウエー皇太子などもご訪問いただいたとか。

 

しあわせコーヒー研究所 旅するシネマ&カフェ春のイベント 1

東ティモール産フェアトレードピースコーヒーを飲みながらフェアトレードや身近な国際協力・市民活動のミニ講座があります。そこでしあわせコーヒー研究所の活動報告させていただくことになりました。

お気軽にお立ちよりください。

 

参加費は無料です

 

<NPO法人や市民活動団体の活動報告会>

市民活動にふれる!箏(こと)・尺八コンサート&食を通じた社会貢献
日時:3月25日(金)12:00-14:00

会場:北九州市八幡西区黒崎コムシティ

    ひとみらいプレイス マーメイド広場
     「箏・尺八コンサート」
     「箏の演奏体験」 NPO法人和楽啓明(わがくけいめい)
     「おいしい輪☆ぷろじぇくと」 NPO法人わくわーく
     「フェアトレード紹介」しあわせコーヒー研究所
お問い合わせ先:北九州市市民活動サポートセンター
          TEL:645-3101 

 

 

2016年3月12日

昨日は5回目の東日本大震災の慰霊の日でした。地球のステージは被災地宮城県名取市に拠点を置くNGOです。不思議な巡り合わせで被災者として、支援者として最大限の活動をしてこられました。このご縁で、地球交遊クラブも被災地閖上とつながってこれました。

以下、地球のステージは

こちらで詳しく・・・http://e-stageone.org/

閖上のことは・・・http://e-stageone.org/ejapan

昨日は5回目の慰霊の日を初めて地元で迎えました。

る会議の場で参加者一同で2:46分に黙とうしました。

写真は昨年の閖上中学遺族会の慰霊祭のハト風船です。

 

 

地球のステージ

地球のステージは国際理解を

広めるために

20年もの間、映像と音楽と語りを

融合した公演を続けてこられた

心療内科医

桑山紀彦さんの活動です。

2006年にこの活動と出会ったことで

地球交遊クラブは誕生しました。

そして、活動は生き物と同じく、成長し、変化し、10年続いています。

10年前のはじめた当時は、学生たちと大人たちが混在していましたが、今は地元にいる

大人たちで行動することが多くなりましたが、ここ一番!の時には、今は大人になった若者たちも駆けつけてくれます。彼らの「第二のふるさと」としての北九州、地球交遊クラブであるようにと思います。写真は、先日の大雪の時にふくおかの西南学院大学で開催された地球のステージ公演のお手伝いの時の集合写真。後列向かって右から二人目が桑山さん。そのお隣は凄腕(というと本人はとっても照れますが)事務局長の明子さん。

こんな写真が山のようにたまった10年でした。

地球交遊クラブ これまでの活動紹介

2016年1月2月3月

フェアトレードを20年も展開して来られた明石祥子さんの講演を聞けました。

やっぱり身近なことが大切なのだと思いました。フェアトレードはモノを超えた物語が人々の心に響くのだと。

(りとるママ)

2月のトピック

沖縄大浦湾の写真展に関わりました。

北九州も海にも山にも恵まれているけれど、沖縄の海の命の豊かさは言葉にするのが難しいほど。

この海を破壊する権利は自然界の力以外にないでしょう。(りとるママ)

この半年にたくさんの出逢いがありました。

2016年

3月

02日

2015年

続きを読む

2014年

7月

14日

博多~小倉~山田の森で・・・

映画、特にドキュメンタリー映画上映会を企画することが多い

地球交遊クラブにはしばしば上映会のお誘いをがあります。

金曜は福岡アジア映画祭の一本南三陸を舞台のドキュメンタリーを観ました。

先日参加した、宮城県雄勝花物語の講演会で知り合った

宮城県人会、福島県人会の方にご紹介いただいた作品でした。

 

東日本大震災の前に3年間撮影された

波伝谷はでんや地区の人々の暮らしに

根ざしたことがらから見えてくるしあわせの

シンプルかつ多彩なことが驚きでした。

 

その気持ちを抱えたまま、

土曜はESD持続可能な開発のための教育の10年の締めくくりの

シンポジュームに参加。

北九州市は市を挙げて

ESDに取り組んできています。

この日は文部科学省副大臣、国際統括官、

九州沖縄のESDや環境活動専門家集団の多数のご参加もあり

盛大なものでしたが、

私たちのような市民団体は

思いがけない再会のほうがより嬉しかったりするものです。

テレジン展にも来てくださった

新進気鋭の書道家の杉田さんが

ほかのアーティストのお仲間と来てくださっていて

声をかけていただきました。

本来ESDには文化も芸術も大切な要素なのですが、

現場で芸術家の方関わっていただく機会は多くはないので

偶然にでもお話しを聞いてくださったことは素敵だと思います。

 

そして翌日は

山田緑地で幼児向け絵描き歌とミニコンサートのサイドイベントで

しあわせコーヒー活動でした。

ここでも久しぶりの知人に会えました。

しょうがい者の作業所のお菓子や、パン、パフクッション、

薬野菜などなど。ジビエカレーも大人気。

もちろん、私たちのしあわせコーヒーも大人気。

この企画もお友達の北九州インタープリテーション研究会の企画に

お声かけいただいたものです。

 

この三日間。「人のつながり」なくしては

ちっとも面白いことにはならないことに

改めて気づきます。

 

 

 

 

0 コメント

2014年

7月

11日

今年もムーブフェスタの季節になりました

もちろん今年も会場は北九州市男女共同参画センター・ムーブ

日程は7月19日(土)10:30~16:00

会場は5階大セミナールームです。

今年のタイトルは

「アートのチカラで平和を想ういちにち」としました。

 

私たちは日頃は宮城、名取の応援団ですが、

ムーブフェスタでは年に一度ふくしまにフォーカスしています。

昨年の映画は

「わすれないふくしま」でした。

飯館のこと、希望の牧場のことを取り上げた作品でした。

今年は「いわきノート」。

タイトルの「いわきノート」のいわきとは

ハワイアンスパリゾートで有名な町の名前です。

本作品はいわきの市民を

筑波大の学生たちがインタビューして出来上がった作品です。

震災から3年。

何が進んで何が変わってここからどこを目指していくのか

若者たちは真摯に見つめています。

 

福島の課題を日本全体の課題として取り組むべきことが

これからの日本にできなければ復興はない。

誰かの犠牲の上に成り立つしあわせは長くは続かないでしょう。

 

「若者の映画というアート」と

70年前に戦火の中、

理不尽な人生を強いられた

「ユダヤの子どもたちの残した奇跡の絵画と詩のアート」から

今を生きるわたしたちがメッセージを受け取り

明日へ活かすヒントにしていけたらと思います。

 

今年は1部と3部の間に

70年前のヨーロッパと現代の日本。

二つの「平和への想い」をつなぐように

中村隆市さんにお話ししていただける贅沢な企画になりました。

 

詳細は地球交遊クラブトップページでご覧ください。

 

それからもう一つお知らせです。

同じくムーブフェスタの市民企画事業です。

7月17日(木)

Belleさんががんばって企画してくれている

Kamaji Cafeの国際イベントもよろしくお願いします。

スペシャルゲストに

インドダンスのニラさんをお迎えして

にぎやかにあたたかなイベントになると思います。

こちらもこうご期待\(^o^)/

https://www.facebook.com/events/1469895763255395/?ref_dashboard_filter=upcoming

 

 

 

 

 

0 コメント

2014年

7月

11日

テレジンの小さな画家たち詩人たち展

6月22日からは北九州ESD学びとステーション、

27日からは北九州市環境ミュージアムで

「テレジンのちいさな画家たち詩人たち」展を開催しました。

地球交遊クラブも

テレジンを語り継ぐ会ふくおかの皆さんにお仲間に入れていただいて

長崎ピースミュージアム、西南学院大学付属につづいて

北九州で開催することができました。

会場のみなさま、環境学習課、北九州ESD協議会、

北九州国際交流協会、キーネットの皆様

そして、会場に駆けつけてくださった多くのみなさま

ありがとうございました。

またいつかみなさまとテレジンの子どもたちと会える日を

楽しみにしています。

 

 

 

 

0 コメント

2014年

6月

08日

しあわせの経済学から学ぶ

九州初ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんの講演会がありました。

以下引用は講演会の案内文です。

 

インド北部の山岳地域・ラダックで、

西欧型のグローバル経済と消費文化の流入に伴う

人びとの暮らしの変容を紹介しながら、

地域の文化や自然、人びとのつながりを大事にする生き方を提唱する

ドキュメンタリー映画「幸せの経済学」の上映会が

6月6日、福岡市で開かれる。

同作の監督で、ローカリゼーション運動のパイオニアとされる

ヘレナ・ノーバーグ=ホッジさんが

初めて九州を訪れ、上映後、講演する。

ヘレナさんはスウェーデン生まれ。

1975年、言語学者としてラダックに入り、現地語の英語訳辞典を作った。

ラダックの人びととその暮らしに魅せられ、

文化や環境保全活動に取り組んで、

86年にもう一つのノーベル賞と言われる

「ライト・ライブリフッド賞」を受けた。

今作は、開発と経済成長が進む中で、

環境汚染や失業、人びとの間の摩擦、

地域文化に対する若者の自己否定などの問題が出ている

ラダックの現状を報告。

各国の有識者や運動家らが、

グローバリゼーションがはらむ

八つの「不都合な真実」を訴える一方、

地域調達の食と再生可能エネルギーを軸とする

ローカル経済など実践例を紹介しながら、

ローカリゼーションの優位性を説く。

 

ラダックや世界の経済・社会の今を多面的に切り取った映像と、

ヘレナさんや有識者らの熱弁で組み立てた、

いわば「映像の講話」で、現代人の生き方を正面から問い掛ける。

ー中略ー

シンポジウム「ヘレナさんと一緒に考える3・11後の未来」を

午後0時半~同2時40分、

丹下紘希さん(映像作家)、亀山ののこさん(写真家)、

中村隆市さん(フェアトレード事業家)を交えて語り合う。

ー引用終了ー

 

一見遠く感じる「しあわせ」と「経済」の

密接なかかわりを想う講演会でした。

ワークライフバランスを語られるようになって久しい日本では

ライフを大事にすることは良くて

ワークを重要視することは

好ましくないように感じることがある。

 

ヘレナさんの作品「しあわせの経済学」「懐かしい未来」では

仕事と生活はつながっており、

生活は生存権を超えた豊かさと文化の持続性だと表現されていた。

小規模の経済を

自給自足を相互扶助の分かち合いをもとに、

信頼・安心の社会を築いてきた。

小規模でつながりの実感のあるサイズのコミュニティは

人間の暮らしに適しているという。

 

ラダックに急激に押し寄せてきた西洋的「発展」の概念は

地域農業を破壊し、

自給自足が成立しない社会になり、

分かち合いや相互扶助を

「お金」で穴埋めしなければならなくなった時から

「時間」を奪われることになった。

そして、豊かさは購買力でのみ測るようになり、

観光客からは物質偏重の価値を覚え、

映画やテレビからは西洋への憧れに、

発展の概念からは自分たちの自尊心の弱体化となり

教育においては

自然との暮らし、文化的価値観の育成を

産業モデルに基づいたカリキュラムに置き換え、

経済性優先にしたことなどで

社会は

犯罪・暴力・民族間紛争を引き起こし、

経済産業から切り離された女性たちの地位が下がるなど

大混乱に陥ってしまったという。

 

40年前のラダックからのまなびは

人間は

相互関係の網の目の一部であり、

生態系とコミュニティを基盤とし、

「知恵」という現在の利益に惑わされず

将来を視るチカラを持つことだと。

 

人が働くことは

個人にも社会にとっても大切なことだが、

豊かさを

物質偏重や購買力で測る

グローバル経済の中の価値観だけになると

ワークとライフは切り離され、社会も人も不安定になるのだろう。

 

私たちは大震災と大津波、

そして原発事故をも経験した世代の責任として、

また、70年前の世界初の被爆国の国民であることを

「持続可能な未来」とその世代のために、

語り継ぐ役割も忘れず「懐かしい未来」を目指そう。

 

 

 

 

続きを読む 0 コメント

◎1.22・23東田シネマ にっぽんの見世物やさん(未曽有の大雪で一日2月に変更)

◎1.23 地球のステージ@西南学院大学 主催:母と女性教職員・福岡市

◎1.28 市民活動サポートセンター サポの日 東ティモール報告(新聞取材あり)

◎1.30 八幡西区市民アカデミー④ 東ティモールとフェアトレードについて

◎1.31 山田緑地 キッズワークさん スポーツ鬼ごっこ 参加者へコーヒーサービス

◎2.6  食品ロス削減学生プロジェクトサポート

     モッタイナイクッキング @城野市民センター

◎2.10 東ティモールコーヒーとフェアトレード@門司区柳町市民センター

     あおあおさんと

◎2.11 旅するシネマ&カフェ@くるくるvol.1 ①11:00 ②15:00

◎2.20 北九州インタープリテーション研究会 コーヒー出店@山田緑地